ペットの肝臓病治療で漢方薬を処方する病院が増えている

ペットは家族の一員

御骨

方法で料金は変わります

日本人の平均寿命が延びているように、近年はペットの寿命も大幅に延びています。それにより、ペットと過ごす時間は、従来以上に長くなっています。子供の頃から一緒に暮らしている家庭も珍しくないため、家族の一員として扱う場合が増えています。しかし、大抵のペットは人間より寿命が短いので、いつかは亡くなる瞬間に立ち会います。現在では、掛け替えのない存在を見送る目的で、ペット供養の利用が広がっています。特に、大阪等の都市部は住宅内に庭のないことが多く、埋葬場所の確保が難しい世帯は増えています。中でも大阪周辺では、ペット供養を提供する専門業者が数多く営業しています。法的な規定はないため、ペット供養で必要な料金は事業者次第で異なります。しかし、大阪は事業者数が多い分、ペット供養に料金は比較的割安なことが一般的です。具体的な例として、火葬費用は一万円程度から利用できます。詳細に説明すれば、大抵の事業者はペットの種類よりも大きさで火葬費用は設定していて、大きい方が高額です。更に、火葬の実施を個別で行う方が高くて、合同の場合が安くなります。また、ペット供養は、火葬以外に埋葬までの作業が必要です。納骨してから自ら対処する方が費用は安く、埋葬まで業者に任せる方が高くなります。そのため、大きなペットを個別で火葬して、埋葬まで任せた場合が最も高くなります。しかし、割安な大阪では数万円内で収まり、五万円を上回ることはほとんどありません。