ペットの肝臓病治療で漢方薬を処方する病院が増えている

投薬と食事療法がメイン

動物病院

漢方薬を使う病院も増加中

ペットの肝臓病の治療方法は、投薬治療がメインになります。血液検査を行い、検査の結果を踏まえながら、病気の重症度や症状に合った薬を使います。普段の食事でも肝臓に負担をかけないよう配慮して栄養を補うことも、立派な食事療法です。最近はペットの内臓に負担をかけないよう、漢方薬を処方する病院も増えています。幸い、ペットの肝臓は自己再生力に優れているので、初期に発見できれば食事管理や投薬治療で回復に向かいます。処方された薬をきちんと飲ませ、肝臓を労わる食事を与えることが、大事な治療内容になります。具体的には、タンパク質をメインに、各種ビタミンや亜鉛、アルギニン、Lカルニチンを豊富に含む献立を選んで下さい。脂肪はペットの肝臓病の大敵なので、過剰摂取しないようご注意下さい。手作りするのが大変な場合、肝臓病を患っているペット専用のドライフードを利用するのがおすすめです。水分補給も大切なので、常に新鮮なお水を飲める環境を整えて下さい。残念ながらペットの肝臓病は原因が分からないことも多く、初期症状が出にくいので定期的に検査を受け、早期発見を目指すしかありません。いつもより食欲がない時、体重がいきなり軽くなった時、嘔吐や下痢を繰り替えている時、歯茎が黄色くなった時など、肝臓病の症状かも知れないのですぐに受診して下さい。日頃の運動不足や食べ過ぎが原因になることも多いので、肝臓病発症前から適度な運動対策、ヘルシーな食事対策に励むことも重要です。

動物

旅行中のペットの預け入れ

海外旅行や出張などでペットを預けなければならない場合は、成田空港付近にあるペットホテルが最適です。ペットホテルでは、飼い主の代わりに食事を与えるだけでなく、ブラッシングや散歩などのサービスを行なっています。犬や猫以外にも様々な種類の小動物を預けられます。

御骨

ペットは家族の一員

ペットを家族の一員として扱う日本人家庭が増えているので、ペット供養が広がっています。火葬費用は一万円程度から利用できますが、依頼する業者や方法等の選択次第で料金は変わります。業者が多くて割安な大阪の場合、高くても数万円で収まります。

遺影

動物の葬儀

大切なペットも、いつかはお別れをする日が来ます。最期を納得のいく形で迎えられるように、ペット専門の葬儀社を調べておきましょう。火葬の前にどのように安置するのか、遺骨はどうするのかなど、ペット供養の方法を考えておけば、慌てることなく家族みんなで送り出してあげることが出来ます。